スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安藤雅司さん。

新作映画「君の名は。」を観てきた!

純粋に、面白かった!鮮やかな色彩もストーリーも、今までジブリや藤子不二雄系しかアニメーション映画を観てこなかった僕にとっては斬新で新鮮で、とっても楽しめた。娘も感動したようで翌日も行っていた(笑)


が!このブログはあくまで「思い出のマーニー」の良さを世に発信するためのものですので、ここから話題を強引にマーニーネタへ引っ張ります(・∀・)


この「君の名は。」で作画監督をつとめた安藤雅司さんという方、


andou_prof-197x300.jpg


スタジオジブリ出身の敏腕アニメーターとして数々の名作に作画、原画で関わってきている、業界で知らない人はいないぐらいの方です。

アニメーターとしてのみならず作画監督としての才能もお若いうちから開花させており、「思い出のマーニー」でもその手腕を存分に発揮されております。(更に更に、マーニーでは脚本にも加わっている。)


テレビや動画、書籍などで彼のマーニーに関するインタビューを色々と観たり読んだりしたのだけどもこれが面白い。

柔和な表情からは想像ができないストレートでソリッドな意見をパシパシ言う。この辺の具体的なエピソードはここで書くと長くなるのでまたいつか。


この思い出のマーニーに登場する人物の容姿や表情は、安藤監督の技術がかなり大きく盛り込まれている。


実際の麻呂監督が描く人物はこんな画風↓


IMG_2046.jpg


IMG_2042.jpg


※毎回写真の大きさがバラバラでスミマセン


これを安藤監督がアニメーションに起こしたのが↓


ef998e5d56c25546d5a8c87c941e8f50.jpg


IMG_3476.png


(上手な言い方ではありませんが)マンガテイストからリアリティさがかなり増しているのがわかります。
瞳孔が描かれた目などはこれまでのジブリに無かったものだから、ここにものすごい新鮮さを感じる一方、宮崎アニメ派のファンにはなじめないかも・・・というのもわかる。ただ、僕は大好きである。


安藤さんの存在感を存分に楽しみたい方は絵コンテ集も購入して、映画と比較しながら観るべし!!



今後のご活躍にも期待です。





 
スポンサーサイト
プロフィール

tadasuko

Author:tadasuko
あと数年で40歳。アニメーションとはほど遠い業界の、小さな会社をやっています。

ここでは実社会の自分から完全逃避して(笑)自分の人生に大きな衝撃を与えた「思い出のマーニー」のすばらしさをひたすら書き殴っていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。