スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーニーを描くの巻き。

IMG_3062.jpg



このミニスケッチブックは、思い出のマーニー×種田陽平展@江戸東京博物館で特典チケットを持っている人だけが受け取れるもの。これが我が家には5冊ほどある(笑)

娘がこれにジブリの絵をせっせと描いているのに触発され、私も一緒に描き始めた絵がたまってきたのでブログネタにお見せします。


IMG_1267.jpg

マーニーと杏奈が出会ったシーン(鉛筆)。マーニーの腕の長さが完全に間違っている(笑)




IMG_3060.jpg

これは、絵コンテ集から、マーニーのダンスシーン。



IMG_3064.jpg

同じく絵コンテから、杏奈がマーニーを許すシーン。麻呂監督はとにかく、素敵な絵を描きます。

作画監督の安藤雅司さんが描くアニメ画のマーニーや杏奈もリアルさが表現されていて大好きなのですが、児童文学的の挿絵にはこちらの方が合っているかもしれません。



IMG_1851.jpg

米林宏昌画集から(色鉛筆)。写真が上手く撮れなかったのですが、色鉛筆でグラデーションを描くのは難しく(そもそも絵など習ったことが無い)、やりながらなかなか勉強になりました。なんの役にも立ちませんが。。。(笑)



IMG_1867.jpg

更に更に、色鉛筆が楽しかったのでミュシャのムック本を引っ張り出してマーニーに寄せて描いてみた。

一見綺麗に見えるかもしれないが、個人的には駄作でセンスが無い(゚Д゚)



スケッチブックの端からハミ出しているのはティッシュでして、鉛筆のために隣の絵に色がつかないよう挟んでいました。


こんなのはマネして描いているだけなので誰でもできることですが、これを自分で本からイメージして絵に起こせる彼らの才能はスゴイ。





そして、25年ぶりぐらい(小学生以来)に絵をせっせと描きましたが、楽しい(・∀・)娘に付き合って描いていたつもりが、娘以上にホンキになってしまっていました(笑)

忙しい日々を忘れ、没頭できます。もっと練習しよっ





  
スポンサーサイト
プロフィール

tadasuko

Author:tadasuko
あと数年で40歳。アニメーションとはほど遠い業界の、小さな会社をやっています。

ここでは実社会の自分から完全逃避して(笑)自分の人生に大きな衝撃を与えた「思い出のマーニー」のすばらしさをひたすら書き殴っていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。