スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラ板でお遊び。

昨日のこと。

スカイツリーの近くで仕事だったので、マーニーグッズのリサーチをしようとどんぐり共和国へ寄ったのだけども、、、


なんと、全然ないッ!!!(゚д゚)


あったのは僅か、ふくろうのストラップのみ。マーニーと一目でわかるアイテムは何ひとつ陳列されていなかった。。

売れ筋を並べたい思惑はわからなくもないけども、全ての作品を一人でも多くの人に知ってもらおうという気概は感じられなかった。なんとも悲しい限りである。

やはり、このブログは普及という使命感を持って続けていかなければならないなと。




と、そんな話しはこのぐらいにして。


皆さん、小さい頃にプラ板を使ってキーホルダー的なものを作ったりしませんでしたか?オーブンで焼くと小さくなるってゆう。アレです。

最近は100円ショップでそれ用にプラ板が売っていて、我が家では娘二人とよく作って遊んでいるのだけども・・・。


これに色をつけたらセル画みたいになるなと思い、チャレンジしてみた。






これは、マジックで下絵を描いて裏からアクリル絵の具を塗っているところ。素人作業のためとにかく上手く色が乗れば良いぐらいの勢いでやっている。特に技術面の予習はない(笑)

難しいのは、手前の色から塗っていかなければならないということ。

例えば、眼球を塗る前に肌を縫ってしまうと、ひっくり返した時にのっぺらぼうみたいになってしまうのだ。


んで、もっと作業過程をこまめに写真撮っておけばよかったのですが、、、


IMG_3035.jpg


こんなんなって、


IMG_3059.jpg


こんなんなって(撮った日が違うため、下のテーブルの色が違う)


ひっくり返すとこうなる↓


IMG_3058.jpg


おぉ、、、そこそこ綺麗に濡れたではないか!!そして面白い!!!


イイ歳こいたオッサンがこんなことにハマるとは夢にも思っていなかった(笑)娘も一緒になって出来るところが尚楽しい。



もう少し回数を重ねていけばもっと綺麗に出来そう。


てか、これにハマり過ぎてしまうと仕事が疎かになって会社が潰れてしまいそう←


(笑)

スタジオジブリ・レイアウト展@新潟。

IMG_3519.jpg



やっと行ってきた!

娘の休みと私の休みが合わず、ようやく先日の日曜日に行くことが出来た。14時に新潟に着いて17時の新幹線で帰るという、スーパー贅沢な旅だった、、、(笑)


松山では行かずにこの新潟で行った理由はただひとつ!マーニーが展示作品に追加になったからだ。

つまり、当然グッズにもマーニーが加わっているだろうと・・・ニヤリ。


展示だけども、企画自体はとっても面白かったし勉強になった!アニメーションを作るって、ものすごい多くの工程を経ているのだなと改めて知ることができた。

ただ、個人的にはマーニーの展示が異常に少なかったことに残念な気持ちがある。人気の高い宮崎作品にボリュームが集中しているのは致し方なし、と、何度も自分に言い聞かせつつ、これではマーニーファンは増えないじゃないか!と異議申し立てしたい気分である(笑)

まぁ、その代わりにここでこうして孤軍奮闘しているワケですけども。


IMG_3515.jpg


で、出口手前に「みんなのまっくろくろすけを描いて壁一面に貼ろう」的なイベントをやっていたので娘と描いた。

悔しいのでマーニーを描いた(・∀・)(写真をよーく見ると指の先にマーニーが見えると思います)娘は唐突にポルコを描いていた。。。笑


出口を抜けるとショップになっていて、お目当ての品を発見!!!

IMG_3523.jpg


やっぱりあった!今までは無かったんです!マーニーのレイアウト&セルのポストカード。思わずガッツポーズが出た。


そして、こんなのも注文した。


IMG_3516.jpg


受注生産なのか、到着まで1ヶ月半程度かかるそう。非常に楽しみである。

ちなみに娘は上にあるかぐや姫を注文していた。娘は猛烈なかぐやファンである。高畑作品を好むあたり、私より玄人だ。ポルコを描いたクセに・・・。(笑)


IMG_3521.jpg


美術館のエントランス前にあった特大トトロで記念撮影をして、急いで駅へ戻って新幹線に飛び乗った。文字通り、弾丸ツアーだった。

余談だけども、娘を連れてのデートは楽しい。いつまで行ってくれるかはわからないけども、今こうして付き合ってくれるうちにたくさんデートしようと思ったのだった。

そして、留守番していた下の娘とは、翌日に藤子・F・不二雄ミュージアムでデートして、特大のドラミちゃんを買ってあげたのでした。



IMG_3542.jpg





会社のデスク脇。むっちゃ嬉しい(・∀・)♪





 

安藤雅司さん。

新作映画「君の名は。」を観てきた!

純粋に、面白かった!鮮やかな色彩もストーリーも、今までジブリや藤子不二雄系しかアニメーション映画を観てこなかった僕にとっては斬新で新鮮で、とっても楽しめた。娘も感動したようで翌日も行っていた(笑)


が!このブログはあくまで「思い出のマーニー」の良さを世に発信するためのものですので、ここから話題を強引にマーニーネタへ引っ張ります(・∀・)


この「君の名は。」で作画監督をつとめた安藤雅司さんという方、


andou_prof-197x300.jpg


スタジオジブリ出身の敏腕アニメーターとして数々の名作に作画、原画で関わってきている、業界で知らない人はいないぐらいの方です。

アニメーターとしてのみならず作画監督としての才能もお若いうちから開花させており、「思い出のマーニー」でもその手腕を存分に発揮されております。(更に更に、マーニーでは脚本にも加わっている。)


テレビや動画、書籍などで彼のマーニーに関するインタビューを色々と観たり読んだりしたのだけどもこれが面白い。

柔和な表情からは想像ができないストレートでソリッドな意見をパシパシ言う。この辺の具体的なエピソードはここで書くと長くなるのでまたいつか。


この思い出のマーニーに登場する人物の容姿や表情は、安藤監督の技術がかなり大きく盛り込まれている。


実際の麻呂監督が描く人物はこんな画風↓


IMG_2046.jpg


IMG_2042.jpg


※毎回写真の大きさがバラバラでスミマセン


これを安藤監督がアニメーションに起こしたのが↓


ef998e5d56c25546d5a8c87c941e8f50.jpg


IMG_3476.png


(上手な言い方ではありませんが)マンガテイストからリアリティさがかなり増しているのがわかります。
瞳孔が描かれた目などはこれまでのジブリに無かったものだから、ここにものすごい新鮮さを感じる一方、宮崎アニメ派のファンにはなじめないかも・・・というのもわかる。ただ、僕は大好きである。


安藤さんの存在感を存分に楽しみたい方は絵コンテ集も購入して、映画と比較しながら観るべし!!



今後のご活躍にも期待です。





 

スタジオジブリ総選挙。

ジブリはいつも面白い企画を考えますね。きっと、誰もが「もう一度あの作品を劇場で見たい!!」と思っていたハズ。

個人的には周回で全部やればいいのにと思うけども、そこはさすが。勝ち抜いたひとつだけというところで一層関心が高まる。




で、もちろん僕はマーニーに入れた。娘はかぐや姫、嫁はラピュタに入れたようだ。結果が楽しみである。

やはり、宮崎作品と同列で並ばれてしまうと分が悪い気もするが、マーニーは1位を狙う必要は無い。

この投票で少しでも上位に食い込んで、存在を世に知らしめることが出来ればそれで良いと思っている。


頑張れ、マーニー!!




複製原画。

ホントはもっと色々なグッズから小出しにいきたかったのですが、忙しくて更新頻度が悪いためいきなりレアモノぶっ込みます(笑)



IMG_3316.jpg


これは、思い出のマーニーの公開と同時に各地で開催された「米林宏昌原画展」の、初回池袋開催時に数量限定で販売された複製原画。

何点か出品されていた中で、一番欲しかったこの窓辺のマーニーをゲットすることができた。なんとなんと、嬉しいシリアルナンバー001!


実際の原画は左側を少し付け足したような切り貼りの痕があった。マーニーのこのなびく髪を全部入れるために紙を足したと思われる。下書きでは口を閉じているのだけども、色を着けた時に少し口を開けたのだとか。

窓から吹き込むそよ風でなびく髪。真一文字の眉にクッキリとした二重。それと、うっすらと浮かべた笑み。ステキである。家宝である。


実は新潟で行われたサイン会の際に、この原画にサインしてもらえたらと思って持っていったのだけども、、、恥ずかしくて頼めなくて、そのまま画集に書いてもらった(笑)図々しいと思われたくなくてヒヨってしまった(゚Д゚)



ところで、何種類かあったこの複製原画、1種類あたり何点販売されたのだろう??それが知りたいのだけど、調べてもどこにも出てこない。どなたかご存じありませんか??

他にもオークションなどで売りに出たら迷わず買おうと思っているのだけども、一向に出てきやしない。

やはり、私を含め、熱烈なファンが後生大事に持っているのだろうと推測する。集めたい反面、是非そうであって欲しいと願うのでした。





つづく。

プロフィール

tadasuko

Author:tadasuko
あと数年で40歳。アニメーションとはほど遠い業界の、小さな会社をやっています。

ここでは実社会の自分から完全逃避して(笑)自分の人生に大きな衝撃を与えた「思い出のマーニー」のすばらしさをひたすら書き殴っていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。